ゴルフは子供さんの足腰強化にいいスポーツ 他にメリットも

足腰強化にゴルフはじめました!?

ゴルフは子供さんの足腰強化にいいスポーツ 他にメリットも

子供さんの足腰について心配されていらっしゃるお父さん、お母さんもいるのではないでしょうか。

子供さんだから、大人の人たちと比較して、丈夫・健康とは考えてはならないと思うのです。

といえ、子供さんに無理な筋トレなど押しつけたくはありませんし。

筋トレをすればムキムキに……?

しかし、逆に、筋トレをすれば、今度は、筋肉がついて、ムキムキになってしまうかもということを心配しているご両親もいます。

ひょっとしたら、足腰が弱いから、筋トレというものの、筋トレって、子供さんにとって危険なものかもしれません……。

インターネットで、いろいろ情報を収集しているのかもしれませんが、ほとんどのケース、インターネットにある情報って、大人のためのものではないでしょうか。

今、子供さんのため何かにチャレンジさせなければならない時期だとしても、取り敢えず念のため、何もしないでおこうというモチベーションも起こってしまうこともあるでしょう。

子供さんは、成長していかなければなりません。

そのとき、筋トレは間違いなく、子供さんの成長を妨げるようなことがあってはならないはずです。

しかし、このあたりの問題は、米国小児科学会(The American Academy of Pediatrics)などで、8歳以上の子供さんの場合、一定の条件下で、行う筋トレは、子供の成長を促すという結論を出しています。

適切な強度のコンディショニングの運動を正しい動作で行うことで、身体はより活性化されて、身体全体の成長が促進されると言います。

筋トレは成長を妨げるという問題は、お父さんもお母さんもそれ程心配はしなくて大丈夫なようです。

ただし、子供さんの筋トレとは、筋肉もりもりを目指すものではなく、「将来のための準備」として考えてみましょう。

大きな負荷を用いたウェイトトレーニングで筋トレをと考えると、子供さんにはどうかと思うのです。

筋トレを行う場合には、基本自分の体重を利用した「自重筋トレ」などを行って基礎を固めること程度に留めるようにしたいものです。

思春期前の子供が筋トレを行っても、筋肉がモリモリになることは基本ありません。

むしろ、お父さんお母さんは、子供さんに対して、怪我をしないための筋肉作りを目指していくべきでしょう。

↓↓↓ 負担をかけない体作りにはこちらをどうぞ ↓↓↓

縄跳びや跳び箱で怪我をしてしまうかも……

子供さんが学校などで、行う縄跳びや跳び箱は、決して、外部から見て、ハードという感じではないのかもしれません。

しかし、ジャンプ動作が含まれる運動というものは、子供さんにとっても、とても筋力の発揮が必要とされています。

子供さんにそれ相応の筋力がついている必要があり、筋力が十分でないと、骨に大きな負担がかかってしまうことになりますし、怪我をしてしまうことになります。

実際に、子供さんが、怪我をするシーンが、昔以上に増えていると言います。一体何が原因なのでしょうか。

子供さんの足腰が弱っているって本当?

子供さんの、足腰が弱っている原因として考えることが出来るのは、とにかく裸足で遊ぶ機会や運動量が減っていることのようです。

やっぱり、現代社会の子供さんは、家でゲームなどして頭ばかり使う遊びに熱中してしまっているせいでしょう。

それを、お父さんお母さんは許してしまっているのではないでしょうか。

足は第二の心臓とも言われ、身体全体に様々な影響をおよぼす重要なパーツです。

足にはクッションの役割があったり、心臓に血液を押し戻すポンプの役目を担う筋肉のアーチがあったりします。

そのアーチも、ゲームに夢中になっている子供さんには作られないかもということを警戒しなければならないのです。

土踏まずがない子供さんが、1980年当時において、5歳児を対象に行われた調査では、4分の1程度と言われていたのですが、平成に入り、半数以上が、扁平足という問題を抱えていると言います。

やたら、子供さんが転びやすかったり、疲れやすいという症状があれば、このような問題を考えてみましょう。

更に、子供さんには、外反母趾のトラブルも最近では起こりやすいとも言われています。

更に、姿勢が悪いというのも、足腰が強化出来ないせいかもしれませんし、同じ姿勢を長時間維持出来ない子供さんがどんどん増えていると言われています。

そして、性格的にも、がまんすることが出来ない、いつもイライラしているような子供さんになってしまうリスクがここにあります。

足腰を強化することは、がまんする源を作ることなのかもしれません。

毎日の習慣で改善する

もちろん、毎日の習慣によっても改善出来ることもあります。

それは、足腰を日常生活で使うことです。

できれば子供さんには、はだしで遊ぶ機会を作るようにしてあげたいものです。

芝の公園でもあれば、積極的に思い切り遊ぶことが出来るのですが。もしも、そのような環境が側にあれば有効的に利用したいものです。

草履をはかせることも、足の健康を維持するためには大事と言います。

サンダルや室内履きの代わりにそのようなアイテムにも注目してみましょう。

靴下は5本指ソックスも、結構おすすめアイテムなのです。

かかとがある靴というのが、実際に子供さんにはあまり良くないのです。

かかとがある靴は、つま先に重心がかかりやすく、体のバランスが悪くなる可能性がありますし、子供さんの頃から足指のトラブルになるリスクがあります。

そして、子供さんは、どんどん成長して行ってしまい、靴のサイズを合わせるというのも難しいのかもしれませんが、努力して、つねにサイズの合った靴を意識して履かせるようにしたいものです。

子供さんにスポーツを ゴルフはどう?

子供さんが、習い事としてゴルフというスポーツをさせているご両親もいらっしゃるようです。

足腰の強化のためゴルフをさせていると言うご両親もいるかもしれませんが、ゴルフは、スポーツの楽しみを知るキッカケとしてもとてもいい方法です。

もちろん、スポーツとして、野球やサッカーでもいいですが、ゴルフも、野球やサッカーと同等に、身体の強化にもってこいの方法なのです。

ゴルフで18ホールを回れば、歩行距離は数キロにもなります。

ボールを追いながらいつの間にか楽しく運動できるのもゴルフというスポーツの特徴です。

更に、ゴルフというスポーツには、ゲーム性があるので、楽しみながら強化することが出来ます。

更に、ゴルフにはプレーする上で必要なマナーがあり、子供さんは、ゴルフというスポーツとともに、マナーを学ぶことが出来ます。

人に迷惑をかけないというマナーも、子供さんのうちから経験して勉強することが出来ます。ゴルフだけに限ることはありませんが、スポーツは、集団の中に自分を置き、全体の中の自分について知り、理解する方法なのです。

スポーツからコミュニケーションを学ぶことが出来ます。

そして、コミュニケーションと言えば、家族全員で、ゴルフというスポーツを楽しむことが出来、ゴルフ体験によって、より家族の会話も膨らませることが出来るでしょう。

ゴルフというスポーツは、何歳になっても上達する面白スポーツであり、生涯スポーツなのです。

ゴルフは、更に、足腰強化の他に、集中力を身に付けることが出来ます。ゴルフは1打1打を集中して行なうスポーツなのです。

更に、ショットの度に風の影響などで環境が変わってしまうため、1打を大切にし、集中してショットをしないと結果を出すことなど到底出来ないスポーツです。

もちろん子供さんの足腰強化のためにもこのようなゴルフ体験をおすすめします。

↓↓↓ 負担をかけない体作りにはこちらをどうぞ ↓↓↓